ズボラ糖質オフダイエットがストレスなく美しく痩せられる

ダイエット法:糖質オフダイエット

内容:完全に糖質を取らないというわけではなく、糖質摂取量をおさえるやり方です。

例えば、朝はパンやお米など糖質メインで食べるが、夜はお米を食べないなどです。

夜は、タンパク質と野菜をメインにして、どうしてもお腹が空く時は、100g以下のご飯を最後に食べています。

間食は、3時までで、ケーキやクッキーなどは避けて、アーモンドやドライフルーツなど、太りにくいものを食べています。

アーモンドなどは固くて、よく噛むことで、満腹感が得られます。

おススメの点:ストレスが少ないです。

ご飯やパンなど食べてもいいというルールにしているのでおすすめです。

そして、ゆっくり減量するので、体に負担が少ないのが利点です。

急激に痩せると、体調を崩したり、お肌が荒れてしまった経験がありました。

特に、夏に向けて、紫外線などで、シミができやすい時期に、無理なダイエットをすると、肌がボロボロになってしまいました。

なので、時間はかかりますが、美しく綺麗に痩せるために、ストレスなくゆっくり痩せる方法を選びました。

失敗したこと:体重の減りは、緩やかから横ばいです。

すぐに結果が出ないのが悩みです。

1ヶ月に1キロから2キロしか痩せないので、かなりゆっくりです。

管理人のお世話になってるサイト>>>>>スムーセルの口コミ

キッチンとダイニングの位置が悪く、使い勝手が悪くて後悔しています

子供たちの様子がわかるようにとカウンターキッチンにしたのですが、キッチンの向かいはダイニングのみでダイニングセットを置いただけでいっぱいいっぱいです。

キッチン、ダイニングの横が、リビング、和室と続いています。

カウンターがあるためにキッチンとダイニングを行き来するのに時間がかかって面倒です。

料理を運んだり、食器を片付けたりがとても大変です。

カウンターがなければ早いのに、といつも思ってしまいます。

また、リビングは横なので、料理をしていると様子がわかるようでわかりません。

正面はダイニングのみなので、ダイニングで勉強している時しか様子がすぐにはわかりません。

また、小学生の子供がダイニングで勉強していると、わからない所がある時にしょっちゅう呼ばれて、キッチンと行き来するのが大変です。

これなら、壁付けのキッチンの方が広くて良かったのかな、と思いました。

壁付けだと正面に様子を見ることは出来ませんが、後ろに遊んでいる気配を感じられて、呼ばれたら直ぐに行けるし良いなあと今は思います。

カウンターキッチンに憧れていたので建てる時はこれしかない、と思っていたのでもっと色々検討して考えるべきだったなあと反省しています。

こちらもどうぞ>>>>>https://朝霞市注文住宅.com/

収納スペースの幅が中途半端で、収納てきるものが限られる

収納スペースを確保するために、キッチン前に収納棚を作り付けで大工さんに作ってもらいました。

注文の方法は、今までの施工例の写真を見ながら『こんな感じに~』という簡単なオーダーをしました。

新居に住むことになり、いざその収納棚に何かしまおうとしても、幅も高さも中途半端すぎて(狭い)何もしまうことができません。

逆に何をしまったらいいのかわからず、うまく使いこなせていません。

私たちは写真を見て、なんとなくこんな感じで~とお願いしましたが、家をたてる前には、ここの収納にはこれをしまう!など、なんとなくでもいいのでイメージして決めておくことが大切だと思います。

そうすることによって、だいたいどれくらいの大きさが必要なのか、棚の数は足りているのか等事前に把握できます。

そして入居後うまく収納スペースを使うことができると思います。

また、私が作っておけばよかったなと思う収納は、雛人形をしまうスペースが欲しかったてす。

家をたて始めた時はまだ子供がいなかったので、そのようなスペースが必要なことを考えることができませんでした。

もし子供など家族が増える予定があるのならば、その事も考えてどのような家作りが必要なのかイメージをしての家作りが必要かと思います。

続きはこちら>>>>>https://松戸市注文住宅.net/

副鼻腔炎が悪化すると顔面痛になりカロナールを服用しています

持病の副鼻腔炎があり、春先からスギ、ヒノキの花粉が飛びだす頃に必ず微熱がでます。

目の痒みからはじまり、鼻水、くしゃみが止まらなくなります。

鼻水をかみすぎて、副鼻腔が炎症して顔面が痛くなります。

顔面ならまだしも歯の痛みや頭痛も伴います。

ひどい時には、高熱までは出ませんが、微熱が続きます。

会社に行くのも辛くなります。

アレルギーの鼻炎薬を飲むのですが、それだけでは痛みの改善にはなりません。

あまりにひどい時はカロナールを2錠服用します。

痛みにより、寝れない時があるので、夜寝る前にカロナールを2錠服用して寝ます。

服用してすぐに効く感じはないのですが、いつの間にか痛みが和らぎ、翌朝には顔面痛もおさまっています。

夜寝ている際に、シャツがぐっしょりする程、寝汗をかきますが、朝起きるとスッキリとしています。

カロナールには、炎症を抑える作用と、熱をさましたり、痛みを和らげる作用があるので、自分には向いている薬だと思います。

日常茶飯事的に服用するのではなく、本当に身体がツライ時にしか服用しないようにしているので、よく効くような気がします。

微熱が続く際は、6時間時間を空けて、服用して多量に摂取しないようにしています。

続きはこちら>>>>>くすりエクスプレス

37歳のみゆきです。ブログはじめました。

こんにちは!

若い頃から屋外で体を動かすことが好きでした!

スポーツも大好き!特にまりんスポーツが好きです(*^^*)

でも残念ながら、若い頃は紫外線対策にまで気が回らず(。

>_<。

)
歳を重ねるごとに顔の皺やシミが気になりまくり…肌もガサガサで同級生よりも老けてみえる…

久しぶりに同級生の友人達とランチをしたときに実感しました。

 

みんな綺麗に歳を重ねているのだなと…

紫外線対策もスキンケアも適当にしかしておらず、今まで気にしていませんでした。

身だしなみ程度のメイクしかしてこなかったアラフォー女ですが、今から少しでも若々しくなれるようにと美容についての情報を集めてみることにしました!

どれがよかったか、合わなかったかを発信していきたいと思います!よろしくお願いします!